FC2ブログ
やりくり主婦のほしい☆たべたい☆つかいたい
主婦にとっては、節約や工夫はとっても大切! でも、その中でちょっとおしゃれもしたいし、グルメなランチも楽しみたい! あまりお金はかけずに、ちょっとお得でうれしい情報をお知らせします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
  最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
ゆで大豆バリエーション
女性に大切なイソフラボン取れていますか?

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンの代役として、
女性の不安定な体調緩和や健康維持に働いていることがわかっています。

他にも、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保ったり、
多くのがんの予防に対する有効性も期待されています。
特に女性にうれしい作用として、美白作用・保湿性の向上といった肌の美容効果も認められています。

豆腐や納豆など手軽に取れる食品もたくさんありますが、
大豆って、どんな食べ方されていますか?

私は、にんじん・ごぼう・しいたけなど入れて五目煮。
ハム・玉ねぎなどマヨネーズと和えてサラダ。
他の豆といっしょにホワイトシチューに入れる などかな。

煮豆のイメージが強くって、なかなかバリエーションが思い浮かびませんし、
なにより、一晩水につけて戻し、コトコト煮るのも面倒ですよね。

     でも、この一冊で大豆の食べ方が広がりますよ。
中でもおすすめは、「きんぴら風」です。

フライパンにごま油・赤唐辛子・ゆで大豆を炒め、しょうゆとはちみつで味付けし、白ゴマを混ぜます。
はちみつの甘さが加わって、とっても簡単で美味しいですよ。
箸休めや、おやつにいいかも。

土鍋を使えば、面倒な「ゆで大豆」も楽にできます。
「ゆで大豆」さえ作っておけば、他にもいろいろな食べ方が楽しめます。

詳しいことは本を読んでくださいね。


それでも面倒な人には、
DHCの 大豆イソフラボン icon は、
いかがでしょうか?
iconicon
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
  最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

テーマ:通販・ショッピング大好き - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。